結局ボヤキたくなる年頃なのか!
modelcar2.exblog.jp
スキンを変えて気分を変えてみたぞ~!!
Top
クルマやレースのマンガを探していたら・・・・
2009年 01月 12日 |
***********************************************
このたびブログの引っ越&改名しました。

Midnight_Mocha(ミッドナイト・モカ)
     音楽、食べ物、愛犬、生活etcetc・・・・・なブログです。
   http://modelcar03.blog45.fc2.com/
をよろしくお願いいたします。

ついでに、↓こちら↓も、よろしくお願いします。
Real_Model_Car_II
   http://modelcar01.blog78.fc2.com/
ミニカー・ジオラマ工房
   http://modelcar2.blog101.fc2.com/

 
***********************************************

少年No.1
関谷ひさし

※1960年頃。少年ブックに掲載。


d0120345_23485219.jpg「サーキットの狼」を探しつつ、いろんな中古本を物色している最中にこんなものを見つけました。
「少年No.1」
関谷ひさしという漫画家の作品で、1960年ころに少年ブックというマンガ雑誌に描かれていたそうです。
関谷ひさしという人は、1950年終盤から1977年ころまで活躍された漫画家で、私自身はあまり作品を知りません。


d0120345_23495100.jpgこのマンガは、クルマのレースマンガと言えど、流石に買う気にはなれませんでした。
なんせ、内容が古そうですし、知ってるクルマが登場するのではなさそうだし・・・

でも、構図やラインがあまり崩れないしっかりした絵なので、とても、読みやすそうなマンガですね。
ストーリーは全く分かりません。


d0120345_23491317.jpgで、裏返すと値段が・・・・
新品の時の価格は、1800円+税。
で、中古本として1000円ですか・・・・
復刻本ですので、何冊かは流通しているでしょうが、少ないでしょうねぇ。
欲しい人はもっと高くても欲しいでしょうけどね。


ちなみに、裏に書いてある解説を要約しますと、

「この少年No.1は関谷ひさし氏初のレースマンガである。
当時、免許すら持っていなかった関谷ひさし氏は、レースマンガを書くに当たり少ない資料を基に苦労してマンガを書いていった。
そんなこともあって、関谷ひさし氏は、カーレースについて徐々に知識を集め、やがてはカーレースマンガのスペシャリストになっていった。」

てなことが、書いてあります。
[PR]
by Model_Car2 | 2009-01-12 00:07 |
One Color Skin by Sun&Moon