結局ボヤキたくなる年頃なのか!
modelcar2.exblog.jp
スキンを変えて気分を変えてみたぞ~!!
Top
タグ:携帯電話 ( 5 ) タグの人気記事
|
***********************************************
このたびブログの引っ越&改名しました。

Midnight_Mocha(ミッドナイト・モカ)
     音楽、食べ物、愛犬、生活etcetc・・・・・なブログです。
   http://modelcar03.blog45.fc2.com/
をよろしくお願いいたします。

ついでに、↓こちら↓も、よろしくお願いします。
Real_Model_Car_II
   http://modelcar01.blog78.fc2.com/
ミニカー・ジオラマ工房
   http://modelcar2.blog101.fc2.com/

 
***********************************************

2008年 09月 01日 |
***********************************************
このたびブログの引っ越&改名しました。

Midnight_Mocha(ミッドナイト・モカ)
     音楽、食べ物、愛犬、生活etcetc・・・・・なブログです。
   http://modelcar03.blog45.fc2.com/
をよろしくお願いいたします。

ついでに、↓こちら↓も、よろしくお願いします。
Real_Model_Car_II
   http://modelcar01.blog78.fc2.com/
ミニカー・ジオラマ工房
   http://modelcar2.blog101.fc2.com/

 
***********************************************

d0120345_2223933.jpg故障と外装修理とスーパー安心パック

※証拠写真を撮っておかなかったのが悔やまれますが・・・・

お盆の少し前、携帯電話815SHを修理に出しました。
症状は非常に分かりやすいもの。

使用中に画面がブレてきて、ひどくなるとTVの番組終了時のように砂の嵐になり、最終的には画面に何もうつらなくなる(真っ黒になる)という症状です。
初夏から症状が出始め最初のうちは少し画面がブレる程度でしたが、夏の暑い盛りにはブレはじめるのが早くなり、すぐに何もうつらなくなるのです。

これだけ読んだだけでも、普通に電子回路に強い人なら(そうでない人でも)、何処かで断線しかかっていて、温度による熱膨張で断線部の接触が離れていき不具合に到るということくらいすぐに分かりますね。
で、普通に電子部品製造業の人なら、断線しかかっている部分は、開閉部を電気的に接続しているフレキシブル基板の配線か、または、基板への接続部、そうでなければ、画面の同期を取っている部品(例えば抵抗やコンデンサ)のはんだ付け部ではないか?くらいの予想はつきそうなものです。

もうちょっと、ややこしい症状としては、各種電子部品(半導体や、抵抗、コンデンサ等)の温度特性の合せ込みがまずくて、日本の通常の夏の気温で不具合が発生してしまうケース。

周囲温度による明確な症状の変化があるわけですから、これ以外には考えにくい不具合です。

しかし、帰ってきた修理履歴には
「不具合再現せず。基板交換実施。」
との文字が・・・・

おいおい、本当か?
ま、不具合の確認を冷房の効いた部屋の中だけで行ったのなら「不具合は再現しない」かもしれませんが、修理依頼伝票には、温度による症状の変化もしっかり書いたので、せめて晴れた日中に外で確認すれば、30秒以内に症状が確認できただろうに・・・

しかも、不具合が再現していないのに「基板交換」ってあんたいったい何者?
何も知らない消費者なら
「再現しなかったのに基板交換してくれたんだぁ」
って感動するかもしれませんが、世の中電気に疎い人間ばかりではありませんぜ、旦那!

ま、直ったから良いけどね。
人間(いや、この場合「会社」か)正直じゃなきゃ!



d0120345_22235733.jpgで、実は話はこれだけでは終わらないのです。

※これも、証拠写真撮っとけば良かったと今更ながら後悔中・・・

この携帯は、表面が「メタリック」な外装が売りで、この色の名前も「メタルカッパー」という名前。
携帯端末の樹脂外装上に「めっき」をする技術が使われているようです。(多分。違ってたらゴメン。)
実例としてこんな感じ⇒http://www.shinkosya.co.jp/mekki.html

で、この「めっき」が使用3ヶ月後くらいから剥がれるようになってきたんです。
いっぺんにたくさん剥がれるのではなくて、ちょっとずつ力の加わったところからぽろぽろと。
なので、非常に汚らしいまだら模様になってしまったのでした。

で、上述の修理を頼んだとき、「スーパー安心パック」に入っていたので、安くできるはずだと思って頼んでみたら、
「3150円かかりますぅ。」って。
あれ?たしか、外装修理無料じゃなかった?
「いえ、3150円となりますぅ。」だって。
これは、2008年7月25日の話。

私の勘違いかもしれないと思ったのと、外装修理してもすぐまたボロボロにめっきが剥がれるだろうと思ったので、そのときは、
「んじゃあ、外装修理しなくていい。」
といって断ったのでした。

で、画面の異常の修理から戻ってきてみたら写真のようにピッカピカの状態。
何じゃこりゃ?
外装修理頼んでないのに、ピッカピカ?
修理履歴には、修理したことすら記載されていないじゃん。
???????????????

とりあえず、「綺麗になったので良し!」と思っていたらソフトバンクから以下のメールが・・・

*************************
<ソフトバンクより>
平素はソフトバンクのご利用ありがとうございます。
弊社は昨年10月の「あんしん保証パック」のサービス開始に伴い、同年11月より「スーパー安心パック」の外装交換サービス内容を、修理交換費用の全額割引保証から80%の割引保証へ改定致しました。
その際、サービス改定のお知らせが十分でなかったため、ここにお詫び申し上げますと共に、再度ご連絡致します。
お客さまにおかれましては、改定後のスーパー安心パックの継続の有無又は「スーパー安心パック」にはない「水濡れ・全損保証サービス」も提供しております「あんしん保証パック」への移行についても、ご検討下さいますようお願い致します。
*************************

どうやら、ユーザーに対して告知なしに(十分な告知をせずに?)、しかもユーザーに一方的に不利な改定をソフトバンクモバイルが行ったようなのです。
(詳細については⇒こちらなど
で、国民生活センターから指導が入ったようで、どうやらソフトバンクモバイルは一定期間に外装修理依頼されたものの無料外装修理、及び、3150円を請求してしまったものへの返金を実施しているようです。

で、私の端末も、無料で外装修理されたということなのでしょうか?

それにしては、修理伝票に一切の記載が無いことが気になります。

私の815SHの端末は発売日に購入しています。いわゆる初期ロットですね。
初期ロットは、めっき皮膜強度に問題でもあったのではないか?と勘ぐりたくなる事例でした。
[PR]
2007年 07月 31日 |
***********************************************
このたびブログの引っ越&改名しました。

Midnight_Mocha(ミッドナイト・モカ)
     音楽、食べ物、愛犬、生活etcetc・・・・・なブログです。
   http://modelcar03.blog45.fc2.com/
をよろしくお願いいたします。

ついでに、↓こちら↓も、よろしくお願いします。
Real_Model_Car_II
   http://modelcar01.blog78.fc2.com/
ミニカー・ジオラマ工房
   http://modelcar2.blog101.fc2.com/

 
***********************************************

先日、携帯の機種変のご報告をしました。

実は、この機種変から初めてパケット通信というものを体験することになったのですが、これが「ワケわからん!」という状態でしたので、ちょこっとまとめて見ました。

で、その前に料金プランについてです。
私の、今回の料金プランは次の通り。
()内は税込価格です。

オレンジプラン(X)エコノミー
基本料金:3,780円(3,969円)
無料通話分 2,000円(2,100円)
自分割引:▲52%⇒基本料金1,814円(1,904円)
S!ベーシック:300円(315円)
パケットし放題:MIN980円(1,029円)~MAX4,200円(4,410円)
        (PCサイトブラウザ使用時はMAX5,700円(5,985円)
        1パケット(128バイト)=0.08円(0.084円)にて計算
スーパー安心パック:475円(498円)
スーパー便利パック:475円(498円)⇒無料期間終了前に解約予定
端末代金:980円(1,029円)

計:4,549円(4,775円)~7,769円(8,156円)
(パケット量による)

こんな感じになりました。
※通話料は、無料分内に納まると仮定しています。
※スーパー便利パックは、解約するつもりなので計算に入れてません。

この機種に変更する前は、J-Phone時代の「トークパック45」というプランだったのですが、この時の通常使用時の支払い料金は、
約3,700円前後
でした。

今回のプランですと、MIN金額でも1,000円ほど高い結果となっています。
新プランで余分なのが、機種代金の分割払い分980円(1029円)です。
これがなくなると、
計:3,569円(3,746円)~6,789円(7,127円)
となって、パケットし放題の最低料金なら、昔のプランとほぼ同じ料金になります。

う~ん、つまり、パケット通信料は1000円に押えないといけないということがわかったわけですが、このパケット通信というやつがあまり理解できていないのが痛いところ。
今までの使い方で、今後どのくらい費用がかかるか気になるところです。

というわけで、今日の話題「パケット通信料金!!」の始まりです。
(いつもながら、前置きの長い私です)

さて、パケットとは、簡単に言うと、コンピュータ間等の通信において、データを小さなまとまりに分けた一つのことを言います。
SoftBankの「パケットし放題」の場合、
1パケット=128バイト(以下バイトはBと表記します)
1パケット辺り0.08円(0.084円)となっています。
(「パケットし放題」加入の場合)

たとえば、4.8KBの着メロをダウンロードした場合、
4.8KB=4,800B=(4,800/128)パケット=37.5パケット
となり、パケット通信としては38パケット使用したことになります。
で、パケット通信料金は、
38パケット×0.08(0.084)円=3.04円(3.192円)
かかったことになります。

「なんだ、たいしたことないじゃない」
と思うかもしれませんが、これが結構曲者のようです。

上の例の着メロをダウンロードするためには、いくつかのリンクを辿ることになります。
それぞれのページがどのくらいの情報量なのか、分かりませんが、10KB~30KBあるいはもっと多い情報量かも知れません。

一曲の着メロをダウンロードするのに、あちこち探し回って、30KBのページを5ページ見たとすると、150KB。
着メロダウンロードするより多くの情報量を使っていることになります。
150KB=150,000B=(150,000/128)パケット=1,171.875パケット
1,172パケット×0.08(0.084)=93.76円(98.448円)

「わたしゃ、目的のページに到達するのに5ページもうろうろしないぞ!」
という方でも2ページくらいは必要なので、
30KB×2ページ=60KB=60000B=(60000/128)パケット=468.75パケット
469パケット×0.08(0.084)=37.52円(39.396円)

分かっていただけたでしょうか。
着メロそのもののデータは数円分のデータでも、それをダウンロードするために、数十円かかっているわけです。

昨今、パケット料金の請求金額が多すぎて問題となるケースが頻発していますので、店頭でもそれなりの説明はされています。
「30秒程度の着うただと○○円くらいかかりますから気を付けてくださいね」
といった具合ですね。

しかし、実は、これだけでは説明としては不十分で、上で簡単な計算をしたようにちょっとしたWebサーフィンをするだけでも、意外に大きな金額になってしまうんです。
着うたを捜し求めて、5ページのWebページを見るだけでも約100円、これを一月の内に10回やれば1000円です。20回やれば2000円。
さらに、実際に着うたや着メロをダウンロードすれば、その容量に応じたパケット料金だけでなく、コンテンツ料も発生しますから、状況によっては簡単に5桁の料金請求となってしまうのも当たり前といえば当たり前です。

パソコンでの、Webサイト閲覧はかつてのダイヤルアップの頃から大きく変わり、ADSLや光での接続で定額料金となりました。
プランやプロバイダーによって差はあるでしょうが、高くても、おおよそ月5千円程度の支払いではないでしょうか?
そして、これは、ご家庭内での必要経費として銀行引き落としなどで引きおとされていますので、なかなかその通信料に気づきにくいという点もありますし、「この基本料金さえ支払えば後は無料でWebサイトを閲覧し放題!」つまり、ただでWebサイトを見ているという感覚に陥っているかもしれません。

そんな中での、携帯でのWeb閲覧「1パケット(128B)=0.08円」(パケットし放題加入の場合)って妥当な金額なのでしょうか?
前述のように、Webページ1ページが約30KB程度だとすると、1ページ見るのに約19円かかっています。
閲覧したWebページの情報が19円以上の価値があるかどうかは、それぞれの事情により違うでしょうが、実際には数ページ移動する中のほとんどが、単なるリンクの通過点であることがほとんどだと思います。

そういったことを考慮すると、私個人としては、携帯の通信料(音声通話、メール送受信、Web閲覧を含む全て)を一律の基本料金(たとえば5,000円程度)で運用してもらえばありがたいのですけどねぇ。

携帯の電波を使った音声通話やメール・Web閲覧に関する技術的な事情も、経済的(コスト等)な事情も良く分かりませんが、もっと安く出来るのではないかと勘ぐりたくなるんですけどねぇ。
[PR]
2007年 07月 14日 |
***********************************************
このたびブログの引っ越&改名しました。

Midnight_Mocha(ミッドナイト・モカ)
     音楽、食べ物、愛犬、生活etcetc・・・・・なブログです。
   http://modelcar03.blog45.fc2.com/
をよろしくお願いいたします。

ついでに、↓こちら↓も、よろしくお願いします。
Real_Model_Car_II
   http://modelcar01.blog78.fc2.com/
ミニカー・ジオラマ工房
   http://modelcar2.blog101.fc2.com/

 
***********************************************

d0120345_20295981.jpgfor PlayStation2
何を隠そう・・・いや、別に隠してませんが、私は、グランツーリスモ(以下GT)というゲームは、”2”までしかやったことなかったんですよ。

理由は簡単。
ハード(プレイステーション2)を持っていないからです。
我が家では、小学生の子供がおりますのでどうしても任天堂系のハードへと偏ってしまったわけで、「SCE系はもっと大人になってからね」と言い聞かせてきたのでした。

そんな状況で、何で”GT4”を買ったのかですが、最近、中古を扱うショップでだんだん見なくなってきたような気がしましたので、本日いきなり買ってみたわけであります。

ハードの方は、妻の妹がプレイステーション2を持っておりまして、さすがにもう飽きたらしく、今はあまり遊んでないそうなので、一度貸して貸してもらおうかと思います。



さて、今日は話題をもう一つ。
本当は、没にしようかと思ったのですが、ちょこっとだけ。

それは、

携帯の着信メロディーに、自分の持っているCDから作成した”着うたフル”を設定する

だったのです。

ところが、いろんなサイトを見まくって、実際にやってみたのですが、音楽を携帯のメモリーにいれて、聴くところまでは行くのですが、着信音には設定できないことが判明したのでした。

ちなみに、着うたフルを自作するときの障害になるのは、以下の点です。

1.ACCやmp4系のコーデックでエンコードすれば、携帯のメモリーに転送して
  携帯で音楽を聴くことが出来る。

2.ただし、コレを、着信用に設定することが出来ない。
  どうやら、コンテンツキーというものをファイルに埋め込んで、暗号化しないと
  いけないみたいです。

3.コレを回避するために、世間では”えせ着メロ”と呼ばれるmmf形式のファイル
  にすることによって、着うたを作ることが出来るようになりました。

4.ところが、コレで出来る音楽ファイルは”音質最悪”&”ファイルサイズの上限あり”
  というわけで、使い物にならないデータしか出来ない。

ということが、ここ一週間くらいでようやく分かりました。
現在、世間で公表されている以外に、着うたフルを着信用に設定できる方法をご存知の方が見えましたら、教えてくださいませ。
[PR]
by Model_Car2 | 2007-07-14 20:55 | ゲーム
2007年 07月 08日 |
***********************************************
このたびブログの引っ越&改名しました。

Midnight_Mocha(ミッドナイト・モカ)
     音楽、食べ物、愛犬、生活etcetc・・・・・なブログです。
   http://modelcar03.blog45.fc2.com/
をよろしくお願いいたします。

ついでに、↓こちら↓も、よろしくお願いします。
Real_Model_Car_II
   http://modelcar01.blog78.fc2.com/
ミニカー・ジオラマ工房
   http://modelcar2.blog101.fc2.com/

 
***********************************************

SoftBank 815SH
by Sharp


7月7日に機種変してきました。
なんで?って・・・・
いつもなら、電池の寿命が理由なんですが、今回は、機種変したくなったから・・・です。

d0120345_22334410.jpg


最初は、812SHにしようかと思ってショップにいったんですが、

「815SHは、今日発売なんですよ。
 全色、ありますからどれでも大丈夫です!」

という、おねーさんのお言葉で”815SH”に決定しました。

色は、ちょっと悩みましたが、今まであまり持ったことのない色ってことで、この色に・・・
「メタルカッパー」という色だそうで・・・

使ってみた感想は?と言われても・・・・
「今のところは、今までの携帯よりも反応が良くて、Webが高速なのでイライラしないってとこですかね」

一つだけ気に入らないのは、手持ちのCDを着うたにしようと思って試行錯誤してみたんですが、
めちゃくちゃ音質悪い & 時間短い
で、ちょっとガッカリです。
[PR]
2007年 07月 07日 |
***********************************************
このたびブログの引っ越&改名しました。

Midnight_Mocha(ミッドナイト・モカ)
     音楽、食べ物、愛犬、生活etcetc・・・・・なブログです。
   http://modelcar03.blog45.fc2.com/
をよろしくお願いいたします。

ついでに、↓こちら↓も、よろしくお願いします。
Real_Model_Car_II
   http://modelcar01.blog78.fc2.com/
ミニカー・ジオラマ工房
   http://modelcar2.blog101.fc2.com/

 
***********************************************

最近、いろいろと変動の中にある携帯事業ですが、どんな状況になっているのでしょう。
ちょっと、面白い語呂合わせを聞いたもんですから、今日はこの話題です。

その語呂合わせとは・・・

DoCoMo 2.0・・・・DoCoMo ニイテンゼロ・・・・DoCoMoにいてんゼロ・・・DoCoMoに移転ゼロ・・・・

これまで、他の3キャリア(au、ツーカー、SoftBank)を大きく引き離してきた、NTT DoCoMoですが、↑のような語呂合わせが出るほどに、DoCoMoへの契約者数って減っているのでしょうか?
そうだとすると、2006年10月にMNP(電話番号ポータビリティーサービス)が導入されたことと、その1ヶ月前(2006年9月)にVodafoneがSoftBankに変わったことが大きな原因だったのではなかろうか?と思い、過去からの携帯電話の契約者数の推移を調べてみました。


さて、まずは、各キャリアの携帯電話の契約者数の推移です。
(注:DoCoMoとauは、通信モジュールも契約数に入っています。)
d0120345_16441.jpg
(出典:社団法人電気通信事業協会)

さて、携帯事業のけん引役として活躍して来たNTT DoCoMoですが、2006年6月あるいは9月頃からその伸びがかなり鈍化しています。
とはいっても、現在でも、他社に対して大きく水を空けていることは確かな状況です。


auは、携帯電話の原点ともいえる通話品質をcdmaONE方式とすることで向上させ、さらに、端末のデザインを重視する戦略が功を奏して着実に契約者数を伸ばしてきました。

現SoftBankは、東海デジタルホン~J-phon時代はカメラ付き携帯の登場などもあって、auとの熾烈な戦いをしてきましたが、不遇のVodafone時代は契約者数の伸びがほとんどない時代が続きました。
しかし、このグラフでは分かりにくいですが、2007年1月以降若干の増加傾向となっています。


これをもう少し、端的に表したものが↓の前月からの純増数のグラフです。
↓クリックして大きい画像で見てください。
d0120345_19263.jpg
(出典:社団法人電気通信事業協会)

定期的に心電図のように高い増加数になっている部分は、全て、各年の3月で、これは就職や進学の機に携帯電話を購入するため一時的に契約数が跳ね上がるのだと思います。
その他では、7月、9月、12月に弱いピークを迎えるのが携帯電話事業の特徴となっているようです。
新機種の登場などとの関連でしょうか?


さて、余分な推測はおいといて、各社の純増数の推移ですが、

DoCoMoは、実はかなり前から契約者の増加数が減っていたのが分かります。
特に2000年9月~2002年5月頃までの伸びの鈍化が激しい状況になっています。
そして、2002年6月~2006年9月頃までの約4年間は、ほぼ横ばいの状態となり、その後さらに、急激にDoCoMoへの契約者の増加が減り、限りなく0に近づいています。


auも、2002年6月~2006年9月頃までの約4年間は安定した契約数の増加を確保しており、DoCoMoとのしのぎを削る状態にありました。
そして、DoCoMoとは真逆に、2006年9月以降はNMP制度に対して徹底したCM戦略(ちょっと、やりすぎの感もありましたが)とった効果?で、大きな契約数の増加を成し遂げました。


そして、SoftBankは、カラー液晶、カメラ付き携帯とユニークな付加価値の追加によって2003年4月頃までは、DoCoMo、auと肩を並べる三つ巴の戦いとなっていたのですが、2003年8月のVodafoneへの身売りによって危機感が浸透、それと、東海圏以外での通話品質(音声ではなく、つながる度合)の不安定さが仇となって、不遇の時代をおくります。
ところが、ここへ現れたのが2度目の身売り先のSoftBank。
私にとっては、SoftBankが身売り先というだけでも「予想外」だったのですが、まさに、「予想外」の価格破壊(のように見える)戦略と、シャープとサムソンを軸にしたデザイン性の高い端末の提供、ワンセグ対応機のラインナップで2006年11月以降契約者数の増加(J-Phon時代の全盛期と同等)を達成することとなりました。


ツーカーは、・・・・・ま、いいでしょう。

ここで、最初に戻って
「DoCoMoに移転ゼロ(2.0)」なわけですが、なかなか、うまいこと言うなぁ!と感心したわけであります。

結局、業界トップの傲慢から無策のDoCoMoが業績アップを望めない状況に追い込まれているという図式になっており、ここに来て、大胆な家族割引キャンペーンを展開し、必死の形相をあらわにしてしまったという顛末なのかな?と私なりの推測をした次第であります。
[PR]
One Color Skin by Sun&Moon