結局ボヤキたくなる年頃なのか!
modelcar2.exblog.jp
スキンを変えて気分を変えてみたぞ~!!
Top
麻雀は何時間やっても飽きません!
2008年 11月 02日 |
***********************************************
このたびブログの引っ越&改名しました。

Midnight_Mocha(ミッドナイト・モカ)
     音楽、食べ物、愛犬、生活etcetc・・・・・なブログです。
   http://modelcar03.blog45.fc2.com/
をよろしくお願いいたします。

ついでに、↓こちら↓も、よろしくお願いします。
Real_Model_Car_II
   http://modelcar01.blog78.fc2.com/
ミニカー・ジオラマ工房
   http://modelcar2.blog101.fc2.com/

 
***********************************************

こんなルールもユニークで面白いですよ!

d0120345_13132141.jpg最近の若い人たちって、麻雀とかやるんでしょうか?
特に大学生とか・・・・

私は、年に1回~2回、12名の雀士を集めて麻雀大会をして楽しんでいます。
雀士といっても、友人知人ですけどね(笑)

で、せっかく大勢でやるのでちゃんと順位をつけて、楽しめるマージャンにしよう!ということで始まったのが、「時間制限付き半荘」「勝ち点制順位」「半荘毎卓交代制」で行う競技麻雀なのです。
(「競技麻雀といっても、あくまで仲間内で楽しむ遊びですけどね)


さて、その内容ですが・・・

d0120345_13133254.jpg【時間制限付き半荘】
まず、最初にこのルールから説明しないといけません。
半荘は、東場南場各4局終了するか、または、1時間経った時点の短い方で終了です。
で、「焼き鳥(半荘のなかで一度も上がれなかった人)」は、10000点を一位の人に渡さなくてはいけません。
このルール、いっけんたいしたこと無いような気もするのですが、実際に始めてみると2つの心理的に重いものがあることがわかり、この大会を面白くしています。

「下位に沈んでいる人」=「あまり上がれない人」=「焼き鳥率の高い人」
ということで、焼き鳥を回避するために、一つの上がりに必死になるあまり、心理的な作用で返って上がれなくなるという負のサイクルが生み出されます。
逆に、調子の良い人は心理的負担が小さいので余裕を持った戦いになりますので、全く問題ありません。

もう一つの、心理的負担は南場の親が回ってくるかどうかです。
親の時に上がれば当然得点も大きいわけですが、ラス親になってしまうと南4局は果たして1時間以内にやってくるのかどうかわかりません。
そして、東4局までの自分の親がスカッって終わってしまうと、もう暗澹たる気持ちになってしまいます。

といわけで、この1時間縛りというやつがこの大会を面白くしています。
ちなみに、私達は半荘を8回行います。
(つまり、8時間ぶっ続け。仕事かよ!)


d0120345_13134138.jpg【勝ち点制順位】
これは、それほどややこしい話ではありません。

一つの卓を囲んだ4人で、半荘を一回行った時、点数の多い順に
1位・・・・勝ち点+2
2位・・・・勝ち点+1
3位・・・・勝ち点-1
4位・・・・勝ち点-2
とつけて、トータルで勝ち点の高かったものが優勝です。
もちろん、同点の結果もありえますので、その際は半荘毎の点棒の得点の合計の高い方が上位に格付けされます。

これは、点棒得点の集計だと計算もめんどくさくて集計するのに時間がかかるためにこの様な勝ち点制になったものです。

【半荘毎卓交代制】
私は、このルールとても好きなんです。
私達の大会は12人で開催されます。なので、3卓使って同時に行います。
(時間制にしたのは、終了時間を合わせるためでもあります。)

卓には、「A卓」「B卓」「C卓」の名称をつけて、ランクを「A卓」>「B卓」>「C卓」としてあります。
なので、みんな「A卓」を目指して必死に打つわけです。(笑)

で、交代の仕方は次のとおりです。
例)
B卓の場合
一位・・・・A卓へ昇格
二位・・・・A卓へ昇格
三位・・・・C卓へ降格
四位・・・・C卓へ降格

次にB卓へ来る人は
A卓の三位と四位。C卓の一位と二位。


というように交代します。

この、卓交代は、最後にA卓にいればいいように錯覚しがちなのですが、勝ち点制でやる限りは卓の順位って実はあまり関係ありません。

もちろん、ズーットA卓に居たってことは全て1位か2位ですから高勝ち点ですし、ズーットC卓に居たってことは3位か4位なので勝ち点はマイナスです。

そんな分かりやすい順位の人はどうでも良くて(笑)、
「俺って、何位なんだ?あいつより上か?」
てな、勝ったり負けたりって人がいろいろなのです。

たとえばA卓とB卓を行ったり来たりしてる人と、B卓とC卓を行ったり来たりしてる人ではどちらが勝ち点高いのでしょうか?
卓の順位は、A卓の方が上なのですが、実際はその勝ち負けの内容によってはB卓とC卓を行ったり来たりしてても、高勝ち点(4位~5位くらいは狙える)になるのです。

具体的には示しませんが、そういったわけで、いろんな面白さが入っているこの麻雀大会・・・
今回の私の結果は・・・・・真ん中辺りでした。

ということで、皆さんも一度こんな風に麻雀やってみてはいかがでしょうか?
[PR]
by Model_Car2 | 2008-11-02 14:18 | ゲーム
One Color Skin by Sun&Moon