結局ボヤキたくなる年頃なのか!
modelcar2.exblog.jp
スキンを変えて気分を変えてみたぞ~!!
Top
iTunes8は音飛びするのか!?しないのか!?
2008年 09月 20日 |
***********************************************
このたびブログの引っ越&改名しました。

Midnight_Mocha(ミッドナイト・モカ)
     音楽、食べ物、愛犬、生活etcetc・・・・・なブログです。
   http://modelcar03.blog45.fc2.com/
をよろしくお願いいたします。

ついでに、↓こちら↓も、よろしくお願いします。
Real_Model_Car_II
   http://modelcar01.blog78.fc2.com/
ミニカー・ジオラマ工房
   http://modelcar2.blog101.fc2.com/

 
***********************************************

【結論】:結局、今のところiTunes8で音飛びしなくなった。


d0120345_0502386.jpg私、PCはWindousなんですが、PC用の音楽管理ソフトはiTunesを使っております。
で、そのiTunesなんですが、最近まで
iTunes6を使っておりました。

理由は、iTunes7では演奏中の音飛びが激しくて聴くにたえなかったからです。

音飛び対策は出来ないかと、いろいろと検索して検討してみましたが、どの方法もどうやら都市伝説程度(あるいは、個別の環境によるところ)が多いようで、私の場合は全く効果がありませんでした。

そういった理由があって、ずーっとiTunes6を使っていたわけです。

d0120345_0504981.jpgんで、先日”息”に、iPod nanoを買ってやったので、”息”のPCにiTunesをインストールしてやったんです。

iTunes8になっていたので「ひょっとしたら音飛びも解消されているかも・・・・」という淡い期待を持ちつつインストールしてみたのでした・・・・

d0120345_0511619.jpgなんか、だんだんと初期表示が派手になってきていますね。
と言うことで、早速聞いてみることに・・・

ところが、結局iTunes7とほぼ同じで、音飛びしまくり!!!
プップップッ・・・・・と曲の至る所で飛びまくりです。_| ̄|○

d0120345_0514654.jpgで、とりあえず、以前にどこかで見たQuick Timeの「セーフモード」設定にチェックを入れてみました。

・・・・・が、全く効果なし。_| ̄|○

d0120345_05201.jpgそうこうしているうちに、あれ?
「iTunes8のウィンドウで何か動いてる・・・」⇒
そう、思い出しました。
曲と曲をクロスフェードさせて聴くのが気に入ってて、「曲のクロスフェード」を選択していたんです。

で、「約8000曲分のギャップレス再生の設定をしているので、負荷がかかって音が飛ぶのか!」と思ったので、とりあえず、この動作が終了するまで風呂に入ることに・・・・

ギャップレス設定の動作も終了したので、早速聴いて見ると、これまでよりは音飛びも減ったもの、次の曲になって数秒くらいのところでやっぱり飛ぶわけです。

d0120345_1284147.jpgで、さらにいろいろとググッてみると、←のTMBMSRV.exeが「諸悪の権化」だという記述を見つけました。
これは、トレンドマイクロのウィルスバスターの不正変更を監視しているアプリで、iTunesの曲の変わり目で何かを記録しているのを一々監視しに来るから音が飛ぶのだと・・・

一応ウィルスバスターの設定で、変更を「許可」する例外設定をしたのですが、何にも変わらず・・・・_| ̄|○

もう一つ、DKService.exeというのも、それなりに高い負荷で動いてたので調べてみると、以前インストールしたデフラグ管理ソフト「Diskeeper」のサービスでした。

で、このサービスを停止しても効果なし・・・・_| ̄|○

このあたりまで、昨日深夜までやってたんですが、結局、曲が変わって数秒以内の音飛びは全くなくならなかったのでした。

d0120345_0563896.jpgで、今日。引き続き格闘開始。

次に気になったのが、このアルバムジャケットをカッコよく表示する機能。
スライドバーをドラッグして、左右に動かすと思いっきり音飛びが発生するのでした。

さらに、iTunesだけでなく、フォルダーウィンドウなど、ウィンドウをドラッグして移動すると音飛びが発生することがわかりました。

と言うことは、ディスプレイ上に表示するパフォーマンスが影響している?

d0120345_0581122.jpgというわけで、次に試したのが、パフォーマンス設定。

システムのプロパティーの「詳細設定」タブをクリックして、パフォーマンスの「設定」をクリックすると、「視覚効果」「詳細設定」「データ実行防止」ってのがあります。

で、「視覚効果」を「パフォーマンスを優先する」にして、ついでに、「詳細設定」で仮想メモリの「ページングファイルなし」に変更してウィンドウズを再起動。
iTunes8を起動して、音飛びを確認してみました。

なんと、音飛びが無くなっているではありませんか!!!
めでたし。めでたし。


と思ったのですが、「あれ?結局、視覚効果とページングファイルのどっちが効果あったんだ?」と疑問に思ったので、一つずつ元に戻しては、再起動してみたんですが、先ほど以降は、音飛びがなくなってしまいました。
(喜んでいいのやら、悲しんでいいのやら・・・結局原因分からずじまい!)

ということで、今のところ、Quick Timeの設定以外は、元の状態なんですが、音飛びがなくなってしまったのです。

うーん、不思議です。
だれか、これが正解っていう原因見つけてくださ~い。
[PR]
by Model_Car2 | 2008-09-20 01:54 | パソコン
One Color Skin by Sun&Moon