結局ボヤキたくなる年頃なのか!
modelcar2.exblog.jp
スキンを変えて気分を変えてみたぞ~!!
Top
私には何を言う権利もないのだろうか・・・・
2008年 09月 09日 |
***********************************************
このたびブログの引っ越&改名しました。

Midnight_Mocha(ミッドナイト・モカ)
     音楽、食べ物、愛犬、生活etcetc・・・・・なブログです。
   http://modelcar03.blog45.fc2.com/
をよろしくお願いいたします。

ついでに、↓こちら↓も、よろしくお願いします。
Real_Model_Car_II
   http://modelcar01.blog78.fc2.com/
ミニカー・ジオラマ工房
   http://modelcar2.blog101.fc2.com/

 
***********************************************

ブリーダーから店頭まで......ペット生体販売に潜む闇

d0120345_2249285.jpgうちには大介という犬がいることは、ここで、さんざん紹介しています。

もちろん犬は好きですが、
「飼ってみたいから」「犬を飼ってるという満足感(優越感)を得たいから」「子供の情操教育によさそうだから」・・・・
というところがないとは言えません。

大介はペットショップで「買い」ました。
ショウケースに入ったワンコ見比べて、アレがいいだの、コレがいいだの・・・・

「もう一軒別の店を見てからにしようよ」

なんていいながら・・・
(ちなみにうちは、日本犬保存協会の出身でした)

それでも、何とか今の大介を「買っ」て、「飼い」はじめました。

ブリーダーに酷い人たちがいることは、以前話題になったこともありますし、近所に規模の小さいブリーダーのようなところもあるので、商売用として「生産される犬達」がいるということは知っています。

うちの場合は、ホントは雑種でよかったんです。
大金払ってペットショップで「買う」つもりはなかったんですけど、最近って雑種はそう簡単に手に入らないんですよね。
むしろ、「ミックス犬」なんつって、結構いい値段で売られてます。
保健所もうちの地域の場合は、ほしかった時はいなかったので、結局ペットショップで「買った」のでした。

さて、そのブリーダー達が「生産している商品(犬)」たちが、全て健康で、全て満足する環境で生涯を全うすることはないことぐらい頭では分かってましたが、数字で見るとちょっとショックなのでした。

昨年1年間に、保健所で処分された犬の数は11万7969匹だが、そのうち約4万4250匹が子犬。

なんと1年間に11万8千匹ですか!
仙台市の人口が 11万8984 人(2005年国勢調査)ですが、1年間で仙台市の人がいなくなってしまうくらいの規模であります。

それから、
犬の血統書を発行するジャパンケネルクラブによれば、本来は「犬種の向上と改良を目的として行われるべきであり、決して営利目的で行っていい行為ではない」とされているが、実際には消費者への直接販売や、競り市を通じてペットショップへ卸すなどして、子犬を商品として繁殖・飼育している"繁殖業者"が大半である。環境省が01年に行った調査によれば、ブリーダーなどの生産者の元で生まれたと思われる推定年間総生産数は約9万7800匹、このうち、生産者からペットショップや競り市に回るのが約8万8900匹と、実に90%以上を占めている。最終的に消費者の手元に届いたのは、約7万7000匹。生まれた数の約80%である。残りの20%の子犬たちは、どこへ行ってしまったのだろうか?

「営利目的ではない」って?
どうせなら、
「かわいい子犬が飼い主に渡るように日々努力している」
といった方がまだましなのに・・・

いやいや、なにはともあれ、我家もこういった商業主義に加担しているわけで、この現状を憂うことも、怒ることも出来ないのではないだろうかと思うのでした。

[PR]
by Model_Car2 | 2008-09-09 23:19 | ニュース
One Color Skin by Sun&Moon